糖尿病

糖尿病

糖尿病は現代病とも言われていますが、その一歩手前の「糖尿病予備軍」も含めると推計2000 万人と言われています。

大人だけでなく、子供の糖尿病も増えており、「生活習慣の悪化」が問題と考えられています。

「糖尿病予備軍」の未病対策と糖尿病の治療と生活習慣改善について一緒に考えましょう。

まず、今回は糖尿病の概要とその症状についてです。

糖尿病とは

糖尿病は読んで字のとおり、血糖値が高くなる病気です。

血糖値が高くなると何故、悪いのでしょうか?

私たちはブドウ糖を細胞に取り込んでエネルギーにしたり、肝臓に蓄えたりして、毎日生活
しています。

この時、インスリンが分泌されて血液中のブドウ糖濃度を調節してくれます。

インスリンが足りなくなったり、うまく活用できなくなると、血液中のブドウ糖の濃度が上がってしまい、エネルギーとして活用できなくなり、全身がエネルギー不足になります。

糖尿病には主に以下のような種類があります。

95%以上は2型糖尿病であり、インスリンをうまく活用できないタイプの糖尿病です。

糖尿病の症状

痛み等の自覚症状がないため、下記の症状があるときは糖尿病を疑って下さい。

  • ①のどの渇き ②尿の量・回数が多い
  • 大量の糖を出すために尿が増え、体の水分が失われるので喉が渇く。
  • ③体がだるく、疲れやすい
  • 糖をエネルギーに換えるインスリンが活用できず、活動のためのエネルギー不足になっている。
  • ④体重が急に減る
  • 糖がうまく利用されず、エネルギー不足になっている。
  • ⑤目がかすむ
  • ⑥手足がしびれる
  • ⑦尿が泡立つ
  • ⑧性欲減退
  • ④妊娠糖尿病

遺伝も否定できませんが、はっきり判っていません。

多くの場合は、「内臓脂肪増加から来る肥満」、その上にストレスが加わって症状が出てくると言われています。

食の素材、調理法、摂取時間の乱れも原因の一つです。


相談・質問はこちら

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

よく読まれている記事 TOP10

まだデータがありません。

コメントを残す

サブコンテンツ(※タップして表示)

このページの先頭へ