iPS細胞による網膜色素変性症治療の最新情報!

「網膜色素変性症」

iPS細胞による網膜色素変性症治療の最新情報!

こころの光がまたひとつ!

iPS細胞で網膜色素変性症治療への最新情報です。

※下記文章「ヨミドクター」ホームページより抜粋

iPSで網膜治療、理研チームが申請へ…サルで成果、臨床目指す

iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、目の難病「網膜色素変性症」の患者を治療する臨床研究について、理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーは23日、今夏までに、大阪大の有識者委員会に審査を申請する方針を明らかにした。
高橋さんらは、別の目の難病「 加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい) 」の患者にも同様の治療を施しており、チームとして、iPS細胞を用いた2例目の臨床研究となる。
 
計画では、光に反応して神経に情報を伝える「視細胞」のもとになる細胞を人のiPS細胞から作製。視細胞が減った網膜色素変性症患者数人に移植を行う。
高橋さんはこの日、神戸市内で行った講演で、人のiPS細胞から作った細胞が、サルの目の中で成熟して視細胞になり、視野の一部が回復したとの実験結果を報告。2年たっても視細胞が残っていたという。

私達、一般患者の治療までは時間がかかると思いますが、それまでは進行ストップを目標に自己の視細胞、網膜上皮細胞への負担を減らし体調万全を心がけることが大切です。

食生活の見なおし、漢方薬等を上手く使い、少しでも治療を受け易い「目、体つくり」を目指しましょう。

漢方延寿堂薬舗では、私自身が「網膜色素変性症」ですので、自宅でできる目の健康法等、無料アドバイスをさせていただいています。

お気軽にご相談下さい。

0120-994-789


相談・質問はこちら

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。

よく読まれている記事 TOP10

コメントを残す

サブコンテンツ(※タップして表示)

このページの先頭へ